こんにちは。安並です。

 

前回の投稿で、

「手話を始めます」

と書いたのですが・・・

実際には、ほとんど手話を使えてません(笑)

 

投稿をみてくださった方に、

「手話がわからなくても、伝えたい気持ちがあればなんとか伝わるんだよー」

と教えていただきましたが、

まさに、その通りです!!

 

身振り手振りや筆談でなんとか伝わっています( ^ω^ )

身振り手振りもたしかに大事ですが、

なかでも、一番重要なのが筆談です。

 

やはり、細かな情報は、

身振り手振りでは限界がありますものね。

 

このケースに介入して、

初日にご用意したのが、

ダイソーのホワイトボード(ハンディタイプ)です。

なんと、それまでは、紙とペンでした!

 

↓コチラ

ダイソーホワイトボード

 

・・・で、

最初はダイソーのホワイトボードでよかったのですが、

そのうち、

ケアマネさんやヘルパーさんが頻繁に関わりだすと

 

・ホワイトボードマーカーの消耗がはやい

・マーカーが見当たらない

・本人が油性マジックで書いてしまい消せなくなった

 

などの問題が( ´ ▽ ` )

・・・まぁ、どれも、予想通りの展開です( ; ; )

 

しかも、ご本人も書きずらそう・・・・。

書きにくそう

 

そこで、

みなさまの不便を解消するため

磁気のメモボードを購入することにしました。

こちらです↓

筆談用の磁気ボード

 

▼ジッキースーパーライト(パイロット社製)

価格は¥1940

270グラムで驚くほど軽いです。

さすが、スーパーライトというだけのことはありますね。

 

磁気式なので、繰り返し使えます。

子供のお絵かきボードを

グレードアップした感じですね。

 

今回は、ご家族に代わって

▼商品リサーチ

聾唖者の専門サイトを確認

一般向けの商品と比較

商品の候補を決める

価格の安い購入先を確認

▼ご家族に商品のご提案

▼ネットで取り寄せ(立替払い)

▼ご本人やみなさまに使い方を説明

▼日々の筆談に利用

という流れで対応しました。

 

今までだって、

ケアマネさんも関わっていたのですから

「磁気式のメモボードがあれば便利なのに・・・」

は、みんなの頭にあったと思います。

 

でも、

「それは、だれが用意する?』

「家族でしょ!」

っという時点で、

・・・だれも動きません。

 

「紙とペンでいいか・・・」で、どんどん日々が過ぎます。

 

遠方のご家族にしてみても、

・日々の生活で忙しい。

・商品リサーチに時間がかかる

・ネット検索が苦手

・遠方だから持っていけない

ですね。

 

・・・結果、ずっと紙とペンの日々。

 

みんなが、ちょっとずつ不便を感じていました。

 

なにより、

一番大事であるはずの、

ご本人との意思疎通に、支障をきたしていました。

 

聾唖で認知症のご本人に、

周りの意図が伝わらないから、

不信感が増し、介護拒否に繋がるパターンです。

 

メモボードを買うことなんて、

「ささいなこと」です。

でも、「ささいなこと」をやる人がいない。

 

・ケアマネの仕事じゃない

・ヘルパーの仕事じゃない

 

だけど、

聾唖の高齢者にとって、

「コミュニケーションをとる」

がうまくできず、みんなが困っている。

 

その「ささいなこと」を解決すると、

関わるスタッフもラクになり、

遠方のご家族の心配もぐんと楽になります。

 

ご家族が、遠距離介護で辛いことの一つは、

「ささいな事ができない」

ジレンマですから・・・。

 

そんな、日々の「ささいな」ことをすくい上げて、

ケアをしています。

 

結果、

この磁気ボードを導入してから、

コミュニケーションがすごくラクになりました!!(≧∀≦)

文字が大きく書けるので、

ご本人は老眼鏡なしで読めるようになって、

やりとりがスムーズになりました!

 

これで、

笑顔が、ひとつ増えました♡

 

もしも、お耳の遠い高齢者の介護にお困りでしたら、

オススメです!

 

先日は、この磁気ボードを持って、

お買い物にも連れ出しましたよ♪

その様子は、また報告しますね!

 

遠距離介護に、笑顔を(o^^o)

やすなみ