こんにちは。やすなみです!

暑い日が続いてますね。

皆様、暑さ対策は大丈夫ですか?

さて、私は、人生初めての「手話」に挑戦しています。

ご縁がありまして、

聾唖(ろうあ)者のサポートをさせていだだくことになりました。

95歳のおばあちゃまです。

その方は、筆談も使えるのですが、
手話が使えた方が、もっと気持ちが伝わるはず!と思ったのです。

だって、老眼で文字を追うのも大変ですしね。

その方との間に、なんとか心を通わせたい!!

そう思っての、手話チャレンジです。

コニュミケーションは大切ですよね!

 

先日の初対面で、まずは、自己紹介から。

初歩の初歩!基本ですね。

「私の名前は、やすなみちえこ です。」

「私は、看護師です」

の二つをまずは覚えてみました!!

現地に向かう電車の中で、

ひたすら指文字を練習していて、

どこからみても、「怪しいヒト」です( ^ω^ )

 

「や」「す」「な」「み」「ち」「え」「こ」

って、こう表現するんですよー♬

 

↓↓↓

 

そして、ご本人の前で、いざ、披露!

「挨拶を覚えてきたので、みてください」とやってみましたよ!!

ベテラン手話つかい3人(ご本人と、手話通訳さんと、ご家族)の

暖かく見守るような眼差しがなんとも嬉しかったです。

 

ものすごく、たどたどしい感じでの手話デビューとなりました(笑)

初めて英語で、

「マイネームイズ・・・」というのと同じですね。

 

”私は看護師です”は、

「それ、ちょっと違う」とダメ出しもありましたぁ 笑

 

結果、笑いも取れて、よかった( ^ω^ )

 

勉強したのは、

スマホアプリの「手話ステーション」

便利な世の中ですねーー。

手話を学べるアプリがあるんですよ!!

ネットを検索すると、手話の動画も沢山ありますね。

 

実は、

手話は、使っている人ごとに、微妙に表現がちがうこともあるそうです。

95歳のご本人が使う手話を、本人に教えてもらうのが一番かもしれないですね。

 

ところで、

看護師の私は、今まで聾唖者とかかわったことがありません。

看護学校でも手話の授業はありませんでした。

看護師の教育に、手話は含まれていないのですよ。

 

もしも、病院や施設で聾唖者さんを担当したとして、

手話の勉強をしただろうか?・・・と考えると、多分、ノーです。

大勢の患者さんで手一杯なので、そんな余裕はないかもしれません。

そう考えると、

こうやって、一人の方とじっくりに向き合うことができるのは

すごく幸せだなぁと感じます。

 

音のない世界で生きるということが、どのようなことなのか、

耳の不自由な方の気持ちはどのようなものなのか、

心を澄まして、寄り添ってみたいと思いました。

 

英語の勉強にあっさり挫折する私が、

手話とう新たな言語をはたして覚えられるのか?? 笑

自分でもどうなるのか予想できません(^ ^)

また、ご報告しますね!

やすなみ